• 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
  • No : 1551
  • 公開日時 : 2017/09/15 21:36
  • 印刷

2016年7月28日に改定された会員規約の変更点を教えてください。

回答

変更前と変更後の内容は下記のとおりです。

【第1章 第2条(登録手続き) 第3項 第4項】

~2016年7月27日

3.ぐるなびが会員として承認することを不適切と判断した場合、会員の登録を認めないことがあります。また、承認後であっても不適切と判断した場合、承認の取消しを行うことがあります。会員登録を認めなかった場合及び承認の取消しを行った場合であってもぐるなびはその理由を開示しません。

2016年7月28日~

3.会員は、1つのアカウント(次条に定めるものとし、以下同じ)のみを登録できるものとし、複数のアカウントを登録する行為は認められません。
4.ぐるなびが会員として承認することを不適切と判断した場合、前項に該当する場合、又はそのおそれがある場合、会員の登録を認めないことがあります。また、承認後であっても不適切と判断した場合、承認の取消しを行うことがあります。会員登録を認めなかった場合及び承認の取消しを行った場合であってもぐるなびはその理由を開示せず、その理由を説明する義務を負わないものとします。

【第1章 第8条(禁止事項・遵守事項 第4項)】

~2016年7月27日

4.会員はサービスを利用するにあたり、不正行為を行わないものとします。 不正行為とは次の各号に定める行為を含みますが、これに限りません(以下、本規約において同じとします)。なお、不正行為とぐるなびが判断した場合、ぐるなびは、当該行為による一連の情報を削除し、又は当該行為により会員が得た権利、利益を取り消す等必要な措置をとることができ、これによってぐるなび又は第三者に損害が発生した場合、当該会員はその損害を賠償するものとします。
a.詐欺目的の行為
b.違法行為及び他に迷惑を及ぼす行為
c.虚偽の情報を故意に送信する行為
d.自己を主張し、若しくは他を害するなどの目的で同一の情報を意図的に多数回送信する行為
e.各サービスの趣旨から著しく逸脱した行為

2016年7月28日~

4.会員はサービスを利用するにあたり、不正行為を行わないものとします。 不正行為とは次の各号に定める行為を含みますが、これに限りません(以下、本規約において同じとします)。なお、不正行為とぐるなびが判断した場合、ぐるなびは、当該行為による一連の情報を削除し、又は当該行為により会員が得た権利、利益を取り消す等必要な措置をとることができ、これによって会員に生じた損害について責任を負わず、ぐるなび又は第三者に損害が発生した場合、当該会員はその損害を賠償するものとします。
a.本規約に違反する行為
b.詐欺目的の行為
c.違法行為及び他に迷惑を及ぼす行為
d.虚偽の情報を故意に送信する行為
e.自己を主張し、若しくは他を害するなどの目的で同一の情報を意図的に多数回送信する行為     
f.猥褻な情報、青少年に有害な情報及び異性交際に関する情報を投稿又は送信する行為
g.「さくら」的な行為等、故意に商品やサービスを優良と誤認させるような内容を投稿又は送信する行為
h.競合する商品やサービスの信頼を低下させる目的で中傷する内容を投稿又は送信すう行為
i.他社になりすましてサービスを利用する行為
j.各サービスの趣旨から著しく逸脱した行為
k.その他当社が不適切と判断する行為

この情報は役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
ご不明な点はありますか?

問題が解決しない場合は、こちらからお問合せください。